宙ぶらりん

気が向いたら・・・・

アオスジアゲハ孵化 & ジャコウアゲハの孵化 & 小さな幼虫の飼育ケース

ようやく孵化したので、葉を切り取り取り容器に移しました。

 

卵のうちに葉を切り取ると、孵化の間に葉が枯れてしまうので、幼虫が生まれてから飼育した方が無難です。

2mmぐらいの幼虫は小さいので、食べる量も、食べる勢いも弱く、とにかく葉を新鮮に保っていれば育てられます。

葉が乾燥すると丸まってしまい食べなくなってしまうので、乾燥を防ぐためにラップをかけていますが、さらに葉の葉柄を濡れたティッシュで包んでいます。

 

幼虫の飼育は、葉をいかに乾燥させないか

 

昨年は、味噌の入っていた大きめの容器を使いましたが、幼虫がまだ小さいので、小さめの容器を使いました。

大きな容器に入れると空気の量も多く、葉の乾燥が進みます。

空気を遮断するには葉をラップで包んでしまえば長持ちしますが、それでは幼虫がつぶれてしまいます。

そこで、葉が入る程度の平たい容器 (たとえば、スーパーなどで売っている蓋つきの漬物の容器)等が適しています。

ただし、上の容器。上部のシールがなかなか剥がせませんでした。

そこで、これに換えてみました。高さは2㎝ちょっと。

これも、やっぱり漬物 (梅干し等) 類が入っていた容器です。フタがついているのが便利。

葉っぱ三枚なら、余裕で入れることが出来ます。

ある程度密閉できるし、容器の容量が少ない (空気が少ない) ので水分の蒸発も防げます。

一晩おいても、それほどの葉の乾燥はありません。

二晩置いたもの。葉は枯れることなく、幼虫の食事も進んでいます。

さらに、もう一日。

小さな幼虫の飼育なら、これ、使えます!

 

幼虫の飼育に使うからと、漬物を買う人はいないと思いますが、昆虫を入れるケースよりも使い勝手がいいです。

スーパーでは斜め置きする場合もあり、落ちないようにと容器は重ねられる構造になっています。

これも便利です。

 

幼虫が大きくなって、葉を食べる量が増えたら、味噌の容器に移し替えます⇩

 

 

先日、産卵を確認したオオバウマノスズクサ

ジャコウアゲハの孵化しました。まだ卵が見えます。

ここにもいました。

この子は花に産み付けられていたんですね。

花が落ちないうちに葉に移動しないと大変なことに。

 

これらの幼虫が少し大きくなったら、飼育を開始します。

今年も忙しくなりそうです。(笑)