宙ぶらりん

気が向いたら・・・・

真空マグの保温効果は・・・

コーヒー好きで毎日何杯も飲んでいます。

味にはこだわらないのでインスタント。缶コーヒーだって、味や香りには、それほどこだわらないでしょ?

ゴミも出ないし、簡単に美味しいコーヒーが飲めます。

キャンプブームだとかで、いろいろな動画がアップされていますが・・・今はネットでもたくさんの情報が得られるし、製品も豊富になりました。今からキャンプを始めようと考えている方々は幸せ!

キャンプ歴40年以上の自分としては、当時、ソロキャンプは当たり前でしたが (いったい、いくつなんだい?)・・・・

 

最近のキャンプ動画では、なぜか一人用のコーヒーミルで、豆から挽いて飲んでいる場面を見かけます。こだわっているんでしょうね。

というか、キャンプ動画でネスカフェの瓶から粉を入れたら、絵にならないでしょ。

やっぱり、コーヒーミルでゴリゴリと豆を挽くから様になる。ソロキャンプ!

演出ですねー。

でも、豆を挽いてコーヒーを淹れると・・・・
ゴミが出るよなー。

と思ったら、昨日見た動画では、釣った魚をから揚げにしている場面があってびっくり。急に魚が手に入ったからって、いきなりフライするかー?

フライを揚げるだけの大量の油と小麦粉が積んであったんですね。普通、そんなものもっていかないでしょ。これも演出!

あまりに出来過ぎて、笑っちゃいました!

 

さて、本題に・・・

普通の陶器のコーヒーカップだと、すぐに冷めてしまいます。この時期、保温できるカップがいいですね。

最近、購入したのが真空マグ。

スノーピークの真空マグ300という製品です。(スノーピークにこだわってますねー)

f:id:rmenx13:20201222162048j:plain

Amazon

折り畳み式の取っ手がついているキャンプ仕様です。取っ手が細くて、家では使いづらい・・なんてコメントがありましたが、キャンプ仕様ですよ、これ!

その保温効果がどのくらいなのか試してみました。

 

熱湯を注ぐ

お湯を沸かして、熱々の湯を注いでみます。

マグを握っても熱さは全く感じられません。

恐る恐るマグに口をつけてみました。大丈夫、唇が熱くて・・なんてことはありません。

ところが、いざ、中のお湯を飲もうとしたら、

「あちっ」

そう、熱すぎて飲むどころではありませんでした。

仕方ないので、そのまま15分ほど放置。ようやく飲める温度になりました。でも、まだ熱いですよ。

さすが、真空マグの効果が表れています。

ただ、このままだと、冷めてしまいます。

 

蓋のあるなしでは保温効果が違う

そこで、専用蓋の登場。

シリコン製の蓋をかぶせておくと、保温状態が長続きするんです。

1時間くらいは熱い状態で飲むことができました。さらに時間が経過・・・少しぬるくなりましたが、まだ温かい。

これっ、いいですよ。

 

また、冷たい飲み物も保冷できるので便利です。

300mlなので容量は小さいですが、ビールを注いでも、マグは冷たくならないし、なんといっても結露が出ない。テーブルが💧でビショビショにならないのは有難いです。

 

 最近では缶ビールの缶がそのまま入れられる製品も登場しています。

でも、缶を保冷するくらいなら、缶のままグビグビ飲みませんか? 

やっぱり望遠だ!

いつもの散歩道は野鳥に出会う機会が多いです。

毎日、コンデジを持ち歩いていますが、今まで撮った写真のように遠くから狙っても野鳥のクリアーな姿をとらえきれません。

 

今回はNIKONのカメラ (クールピクス B700 レッド) を持っていきました。カメラマニアだと、撮影機材や露出、絞りだ・・・と記載する場合が多いですが、そんなことはどうでもいい。

f:id:rmenx13:20210120065630j:plain

とにかく、生き生きとした鳥たちが撮影できさえすればいい。

ですよね。 

ブログなんて、アップロードするためにサイズをかなり小さくしていますし・・・。

 

さて、ジョウビタキです。約10mくらいから撮影。トリミングしています。

f:id:rmenx13:20210120061239j:plain

一眼レフではないので軽いし、しかもブレません。使いやすいカメラです。

f:id:rmenx13:20210120061609j:plain

f:id:rmenx13:20210120061624j:plain

これはスズメ。仲よく並んでいると可愛いです。

f:id:rmenx13:20210120061652j:plain

これこそ、スズメの姿。

ただ、気合を入れて望遠を持っていくと、必ずといっていいほど、目的の野鳥に出会いません。今回もカワセミダイサギはいませんでした。

ゆるキャン△ シーズン2

始まりましたね。

相変わらず、全編通してほんわかしたストリーで暖かくなります。

キャンプを通して、友達間の交流も見もの。

ゆっくりと時間をかけて視聴したいと思っています。

1. 第1話 旅のおともにカレーめん
エピソード1 2021/01/07 24分

みんな忙しい師走の年末。なでしこ、千明、あおいの野外活動サークルと恵那はアルバイトに勤しんでいた。そして同じくバイト中のリンは、年越しキャンプの計画を立てていて。©あfろ芳文社/野外活動委員会

自然の風景や建物も精密に描かれていて、とても奇麗です。

まだ始まったばかりで、今後が楽しみです。 

これは鳥の羽だが・・・・

いつもの散歩道を歩いていると・・・

「これは・・・」

f:id:rmenx13:20210117134753j:plain

羽毛ぐらいなら時々落ちていることはありますが、この羽は・・・・

 

羽の色・模様からして、シジュウカラの右羽のようです。

一体、何があった?

きっと、カラスか猫にでも襲われたのでしょうね。

自然界の厳しい一面を見てしまいました。

雑木林 剪定の続き

一日では終わらなかったので、昨日も剪定作業行われていました。

だいぶさっぱりし、道路側の木々は短く刈り込まれていました。

f:id:rmenx13:20210116163017j:plain

人々が雑木林のそばまで住み始めたからでしょうね。

以前は、伸び放題だったのに。

 

キーボード、壊れる。

ペットの毛が大量にキーの隙間に入り込んでいました。そのため、キーが押せず、うまく機能していませんでした。

分解掃除をしようとネジを外し、水洗いまでしましたが、組み立てたら・・・・・

ほとんどのキーが使えなくなってしまいました。

こういう精密機器は分解しない方がいいようです。

使っていたのは「メンブレン」という仕組みのモノ。薄いシートが使われていて安く作れるキーボード。

消耗品と考えれば仕方ないですね。一年と四か月使いました。

仕方なく、新しいキーボードを注文しました。

 

 

 

雑木林 伸びすぎた樹木の剪定

道路際の樹木がかなり背が高くなっています。電柱をはるかに超え、何本も聳(そび)え立っています。

大風などで倒れたら、すぐわきの民家に当たってたいへんなことになってしまいますから、それを防ぐための剪定でしょう。

とは言っても、電柱の高さは地上高10m~12.5mぐらいだとか。それよりも、上まで伸びている枝は優に15~20m以上はあるでしょう。

f:id:rmenx13:20210114154121j:plain

作業員は3人でしたが、一人がそのてっぺんまで登って切っています。

枝がとげとげしてしているので、切った枝を降ろすにも滑車を使って慎重に作業をしています。

これは、たいへんです。

f:id:rmenx13:20210114153550j:plain

こういう方々がいるから、安心して暮らしていけるのですね。