宙ぶらりん

気が向いたら・・・・

近田春夫の新刊「グループサウンズ」

近田春夫がGSの常識を覆す新書刊行、瞳みのるやエディ藩のインタビューも

Amazon

グループサウンズ」目次
第1部:近田春夫によるグループサウンズ
プロローグ まず、エレキありき 
第1章 ザ・スパイダース 
第2章 ブルー・コメッツ 
第3章 ザ・タイガース 
第4章 ザ・テンプターズ 
第5章 ザ・ゴールデン・カップス 
第6章 ザ・ジャガーズ 
第7章 オックス 
第8章 ザ・ワイルド・ワンズ 
第9章 ヴィレッジ・シンガーズ 
エピローグ 忘れがたきバンドの数々、そしてGSの終焉

第2部:近田春夫による対話篇
第10章 瞳みのるエディ藩 2大グループの内側から見たGS 
第11章 作曲家・鈴木邦彦に根掘り葉掘り 
第12章 近田春夫が選ぶGS10曲

《同記事より》

GS世代には懐かしいグループ名です。

GSのバンドは、これ以外にもたくさんあったと記憶していますが、レコード会社の作詞家・作曲家の手にかかると、あぁいうサウンドになるのでしょう。

 

どんな内容か早く読んでみたいですね。

ということで、予約してしまいました。(笑)

ウメは咲いたかサクラはまだかいな

お座敷唄ですね。

 

そのウメが咲き始めました。

と言っても、我が家のウメではありません。

我が家のウメはまだまだ。

散歩道にある日当たりの良いお宅のウメでした。

 

朝からガッツリ「あんかけタンメン」でした。

 

肉・ニンジン・キノコを先に茹でて、その後に、キャベツ・もやし・ブロッコリー

麺を1分半煮込んだら後に、スープを溶かして出来上がり。

近所の肉屋さんのチャーシューが柔らかくて美味しかったです。

もう満腹。

池に氷が・・・

さすがに前日は寒かったので、今朝見たら池の一部が凍っていました。

前回、紹介した餌台の上の水も、このとおり。

ハート形はサザンカの花びらでした。

水に濡れて凍って・・・まるで氷菓子のよう。

外の水道も出が悪く、こんな状態。

全面凍結ではなかったのが救いです。

雪が積もらないだけ、良しとしましょうか。

 

それにしてもニュースで見る限り、物凄い突風と雪でした。

昼過ぎからは日が差し、二階の部屋もポカポカでした。

 

ところで、北海道などの寒い地域では就寝時は暖房は消すのでしょうか?

セントラルヒーティングだからつけっぱなし?

しかし、灯油代もバカにならないでしょう。

 

そこで疑問が・・・

頭では納得できても、どうも信じられません。

少しずつ芽吹きの躍動が感じられる & 雨戸閉め

この季節は我が家の庭は殺風景です。

でも、ボケの蕾が膨らんできました。

こちらは、ミヤマシキミ。雄花です。

 

すでに枯れてしまったシュウメイギク

枝を全て取り払いました。

近所の花壇では種を待たずに、毎年刈り取ってしまいます。

ところが、芽生え?

こちらかも。

人間よりも植物の方が確実に季節を感じているようです。

 

散歩道の道路に面したお宅では暗くなる前に雨戸を閉め始めます。

室内に灯りが点くと、部屋の中が丸見えになってしまうからです。

そして、もう一つ、寒さ対策と防犯も兼ねています。

 

我が家は最近までリビングの雨戸を閉めてはいませんでした。

分厚いカーテンと下から冷気が入って来ないようにと、空気で膨らむマットを横倒しにして窓側に立てかけています。

このため、冷気は思ったほど感じられませんでしたが、今回の寒波のニュースを見て、雨戸も閉めるようにしました。

夜になって風も強くなってきました。

 

さすが、雨戸の効果は抜群です。

冷気がシャットアウトされ、エアコンの効きもいいようです。

 

二階も同様に雨戸を閉めました。

これで温かい部屋で過ごすことが出来ました。

面倒くさがらずにちょっと体を動かして雨戸を閉めればいいだけなのに・・

物臭でした。

久しぶりのダイサギ

一度、感づかれて飛び去ってしまったので、追いかけて、そーっと撮影しました。

やっぱり大きいです。

何か捕らえました。

下流に向かって、ゆっくりと獲物を探し続けるダイサギ

コサギのように足で川底をかき混ぜる行為はありません。

何か見つけたか?

シュンランの芽が・・・

日当たりなども考えて数か所に植えっぱなしにしている春蘭です。

その一株から花芽が伸びてきました。

こちらは別の場所の株。まだ変化はありません。

これも別の場所の株。やはり、こちらも変化なしです。

 

と思ったら、ハナニラでしょうか。

オトコヨウゾメも割れてきましたねー。

イオンモールで買い物 & 食事

先日、イオンモールに行って来ました。

平日なのに、けっこう車はたくさんありました。

ここはどっちかというと裏口?

でも、ここから入って正解でした。

この入り口近くの1Fにユニクロがありました。

 

買い物はシャツ3着とパンツ2着。

今は電子会計なので、その端末に行きましたが、方法が分からなかったので、店員さんが付き添ってやってくれました。

妻はちゃっかりユニクロのアプリを入れてたりしていて・・・・

会計を済ませ、紙袋の「M」に詰め込みました。

 

裾上げを待つ間 (30分ほど)、やたらと麺が食べたかったので「紅虎餃子房」で食事をすることに。

客は我々だけ。

店内には大きな赤い虎がペイントされていました。

 

メニューはどれも美味しそうですが、自分は「牛バラあんかけ麺」を注文しました。

ちょっと甘めのあん。

 

妻は、胡麻担々麺

メニューでは唐辛子のイラストが3つついていました。もっと辛い、4つついているのもありましたね。「紅麻辣担々麺」これは辛そうです。

いろいろ乗っています。

辛くても美味しかったです。

白いセーターだったので、店の方が気づいてくれて「紙のエプロン」を出してくれました。

麺をすするたびに汁が飛ぶので助かります。

食後にエプロンを外したら所々染みがついていました。気づかないけれど意外と飛ぶんですね。

 

その後、新青梅をひたすら走って帰って来ました。